Top >> ほうれい線 解消 >> ほうれい線を作る生活習慣

ほうれい線を作る生活習慣

ほうれい線を知らずに悪化させてしまう生活習慣があります。
その生活習慣を知ってほうれい線解消に役立ててください。

まずはストレスが考えられます。

身体はストレスを感じるとそれを緩和させるためにビタミンCが消費されます。
ビタミンCは肌にハリをあたえる大切なコラーゲンを生成させるのに必要な存在です。
ビタミンCが不足してしまうと、コラーゲンの組織の細胞同士の結合力が弱まり、肌からハリがなくなっていきます。
ハリがなくなっていくということは、肌がたるみ、ほうれい線なども出来やすくなってきます。


次に喫煙が挙げられます。

喫煙はコラーゲン生成に必要なビタミンCを破壊させていくものです。
タバコ1本につき、1日に必要なビタミンCの約4分の1を破壊すると言われています。
そして喫煙することにより血管を収縮させるため、細胞に酸素や栄養が届きにくくなり代謝も悪くなってしまいます。

寝不足も原因のひとつと考えられます。

睡眠中に脳下垂体(前葉)から分泌される成長ホルモンは、日中に受けた肌へのダメージを修復してくれる作用があります。
この成長ホルモンは睡眠中に分泌され、眠り始めの3時間に質の良い睡眠がとれていることが大事です。
寝る前に光や音で脳を刺激しない。
カフェインをとったり喫煙をしない。
明かりを間接照明にするなど。
たるみ防止には心地良い眠りをつくるための環境づくりも大切なようです。


そして早食いです。

早食いをするということは、よく噛んでいないということで、それは表情筋をつかっていないということになります。
顔の筋肉、頬にたっぷりある脂肪を支える筋肉を鍛えていないので次第に頬がたるんでいき、ほうれい線が目立ってきてしまいます。

ほうれい線 解消

関連エントリー

お灸はほうれい線に効くのか?
出来てしまったほうれい線の解消法
エイジングケアにヒアルロン酸
アンチエイジングに効果のある栄養素
美容エステを利用するメリットとデメリット
美容エステでほうれい線解消
二重ほうれい線(マリオネットライン)対策
美容クリニックで行うリフトアップ
リフトアップ法
ほうれい線ができる原因
ケミカルピーリング
肌の再生医療
アンチエイジング化粧品
エクササイズの効用
ほうれい線に効くツボ
ほうれい線に効くペットボトルを使ったマッサージ
ほうれい線の予防と解消にベロ回し体操
紫外線がほうれい線に与える影響
ほうれい線を作る生活習慣
ほうれい線に大事なコラーゲン


プロフィール

さき

美顔器レビューサイト管理人の【さき】です♪人気の美顔器を購入して使いやすさと効果を検証しています!
おすすめ美白
最終更新2017年4月

1.gif

2.gif

3.gif

おすすめ美顔器
最終更新2017年4月

1.gif

2.gif

3.gif

サイト内検索

当サイト内の記事を検索が出来ます。

管理人のおすすめ