Top >> ほうれい線 解消 >> 紫外線がほうれい線に与える影響

紫外線がほうれい線に与える影響

シワ、たるみ、ほうれい線の原因として長年浴び続けてきた紫外線が挙げられます。

長い時間をかけて浴び続けてきた紫外線を私達は気がつかないうちに貯め込み、そして貯め込んだ紫外線は、いつの日からかシミやシワ、たるみやほうれい線などとなって肌表面に現れてくるのです。


太陽光線には可視光線と言われる肉眼で見る事が出来る光が50%あり、殺菌消毒、ビタミンDの合成、血行、新陳代謝を良くするが有害な面もあり、肌老化の原因や皮膚がんの原因にもなる紫外線(一般的にUVと略されているもの)が5%あります。
そしてその残り部分が、熱を発生するので別名:熱線とも呼ばれる赤外線(太陽が温かいのはこの為)となります。

このように、熱いと感じるのは赤外線、眩しいのは可視光線、熱くも眩しくもないのが紫外線です。
そのため気がつかないうちに紫外線を大量に浴びてる可能性が大なのです。


ところで、肌に到達する紫外線にはUVAとUVBという2種類あるのをご存知ですか?
UVBは、肌を炎症(サンバーン)、火傷状態にしてしまいます。
メラニン色素を生成させ、肌を黒くさせてしまいます。
UVAは、私達の肌の表皮の下にある真皮にまで入り込んできます。
このUVAが真皮にまで入り込む事で、シワ、たるみ、ほうれい線の原因を作っていると考えられます。


真皮にはコラーゲンが張りめぐっています。
浴び過ぎた紫外線はその真皮にまで辿り着き、コラーゲンを減少、変性させてしまいます。
コラーゲンの変性がシワ、たるみ、ほうれい線ができる原因になっているのです。
紫外線を避けることがシワ、たるみ、ほうれい線解消の第一歩になるのではないでしょうか。

ほうれい線 解消

関連エントリー

お灸はほうれい線に効くのか?
出来てしまったほうれい線の解消法
エイジングケアにヒアルロン酸
アンチエイジングに効果のある栄養素
美容エステを利用するメリットとデメリット
美容エステでほうれい線解消
二重ほうれい線(マリオネットライン)対策
美容クリニックで行うリフトアップ
リフトアップ法
ほうれい線ができる原因
ケミカルピーリング
肌の再生医療
アンチエイジング化粧品
エクササイズの効用
ほうれい線に効くツボ
ほうれい線に効くペットボトルを使ったマッサージ
ほうれい線の予防と解消にベロ回し体操
紫外線がほうれい線に与える影響
ほうれい線を作る生活習慣
ほうれい線に大事なコラーゲン


プロフィール

さき

美顔器レビューサイト管理人の【さき】です♪人気の美顔器を購入して使いやすさと効果を検証しています!
おすすめ美白
最終更新2017年4月

1.gif

2.gif

3.gif

おすすめ美顔器
最終更新2017年4月

1.gif

2.gif

3.gif

サイト内検索

当サイト内の記事を検索が出来ます。

管理人のおすすめ