Top >> 肌が白くなる 化粧品 >> 美白効果のある栄養素の摂り方

美白効果のある栄養素の摂り方

美白化粧品で一生懸命ケアしているのに、なかなか肌が白くなる効果が現れない、という人は、体の内側に問題があるかもしれません。体の中が健康じゃないと、化粧品などで外側からどんなにケアをしても十分な効果は出ないでしょう。

健康で白くて美しい肌になるには、やはり食事が大事です。肌が白くなる効果のある栄養素をしっかりと摂取することで、くすみのない健康的な肌を手に入れることができるのです。それでは、美白効果のある食べ物とその有効な食べ方を紹介します。

美白効果のある栄養素と言えば、メラニンの生成を抑え、くすみを予防する効果のある「ビタミンC」です。ビタミンCは、ブロッコリーやピーマン、パセリなどの野菜、イチゴやレモン、キウイ、アセロラなどの果物に豊富に含まれています。そのほかには、ハムやベーコン、焼き海苔、たらこなどにも多く含まれています。

美白を目指すのなら、ビタミンCを1日に2000ミリグラム摂取するように心がけましょう。ビタミンCは一気に摂るのではなく、こまめに食べるのが良いです。また、ビタミンCは熱に弱いので、加熱しないで生で食べるのが理想的です。調理法としておすすめなのは、ビタミンCが逃げにくい蒸し料理です。

また、ビタミンCはビタミンEと一緒に食べると吸収量がアップするので、ビタミンEが豊富な鶏肉やサンマ、ほうれん草、ゴマ、ナッツなどと一緒に調理しましょう。

これらの栄養素を効率よく取り入れることができる1日の食事例を紹介します。朝食は、目玉焼きにベーコンとブロッコリーを添えて、昼食にお弁当を準備できるのなら、鶏肉とピーマンの炒め物を作り、おなかが空いた時には間食にナッツ類を少し食べ、夕飯には、ご飯と一緒に適量のたらこを用意し、デザートとしてイチゴを食べれば、美白のための1日分の栄養素の摂取は完璧です。

また、肌の老化を予防する「リコピン」を多く含むトマトも毎日の食事に取り入れましょう。トマトは熱に強いので、煮込んでも炒めても成分が壊れることありませんし、むしろ熱を加えた方が吸収率もアップするので、生で食べるよりも火を加えて調理してください。他にもリコピンを多く含む食材は、ニンジンやグレープフルーツ、スイカなどです。

肌が白くなる 化粧品

関連エントリー

美白サプリは有効か?
ひざやひじの黒ずみ対策
美白のための洗顔方法
「ピーリング」について
美白効果のある食材
美白効果のある栄養素の摂り方
美白化粧品のデメリット
美白化粧品の効果を確認できる時間
「美白ファンデーション」の魅力
美白化粧品は1年中使うべき?
地黒の人でも美白になれる
“地黒”になる原因
地黒は日焼けの影響?
美白化粧品に含まれる成分
まずはトライアルセットで
美白化粧品のおすすめのトライアルセット
人気の美白化粧品のトライアル
高価な美白化粧品の方が効果的?
プチプラの美白化粧品
「ちふれ」の魅力


プロフィール

さき

美顔器レビューサイト管理人の【さき】です♪人気の美顔器を購入して使いやすさと効果を検証しています!
おすすめ美白
最終更新2017年4月

1.gif

2.gif

3.gif

おすすめ美顔器
最終更新2017年4月

1.gif

2.gif

3.gif

サイト内検索

当サイト内の記事を検索が出来ます。

管理人のおすすめ