Top >> 肌が白くなる 化粧品 >> 美白化粧品のデメリット

美白化粧品のデメリット

肌が白くなるという高機能な効果のある美白化粧品ですが、デメリットもあります。それは、乾燥しやすかったり、肌への刺激が強かったりするということです。これらの症状が現れる原因は、美白化粧品は医薬部外品であることと、さっぱり系のものが多いことに関係しているようです。

紫外線を浴びてくすんだ肌や疲労がたまった肌は、皮膚の表面を覆っているバリア機能が低下しています。そのような状態では、美白化粧品を使っても美白有効成分が十分に肌に浸透する前に蒸発してしまいます。そのため、肌が乾燥していると感じるならば、肌が白くなる効果を求めるよりも先に、肌に潤いを与えることを優先することが大切です。

刺激に関しては、美白化粧品は化粧品と医薬品の間に位置する「医薬部外品」を配合しているものが多ことが関係しています。医薬部外品は、穏やかに作用する化粧品よりも効果が現れやすい反面、場合によっては刺激を感じることもあるということです。

ただ、医薬部外品扱いの化粧品に対して刺激を感じる場合、肌のうるおいが不足していて、コンディションが良くない状態であると言えるので、やはり保湿が大切になります。

さらに、美白化粧品は、メラニン生成を抑制する成分が配合されているので、紫外線に対する抵抗力が下がって、刺激を感じやすくなっていることも考えられます。これらのことにより、美白化粧品を使用するときは、UVケアも忘れないようにしましょう。

肌が白くなる 化粧品

関連エントリー

美白サプリは有効か?
ひざやひじの黒ずみ対策
美白のための洗顔方法
「ピーリング」について
美白効果のある食材
美白効果のある栄養素の摂り方
美白化粧品のデメリット
美白化粧品の効果を確認できる時間
「美白ファンデーション」の魅力
美白化粧品は1年中使うべき?
地黒の人でも美白になれる
“地黒”になる原因
地黒は日焼けの影響?
美白化粧品に含まれる成分
まずはトライアルセットで
美白化粧品のおすすめのトライアルセット
人気の美白化粧品のトライアル
高価な美白化粧品の方が効果的?
プチプラの美白化粧品
「ちふれ」の魅力


プロフィール

さき

美顔器レビューサイト管理人の【さき】です♪人気の美顔器を購入して使いやすさと効果を検証しています!
おすすめ美白
最終更新2017年4月

1.gif

2.gif

3.gif

おすすめ美顔器
最終更新2017年4月

1.gif

2.gif

3.gif

サイト内検索

当サイト内の記事を検索が出来ます。

管理人のおすすめ